毎月20万円の手当を支給してもいいと話してくれのは40代後半の男性でした。
会社経営をしているらしくて、このぐらいの手当の支給は可能だと話てくれたのです。
彼の話では週に1回程度の関係で、月末一括で20万の支払いをするというものでした。
支払い方法も現金で手渡しても、銀行振込でもどちらでも良いと言ってくれたのです。
シンママSNSで知り合った優子さんにこの話をして相談することにしました。
「何回もメールでやりとりをやった方がいいね。
面接ですぐセックスをさせない方がいいかもしれないよ。
よっぽど相手を信用できていたらいいけど、こういうところにもやり逃げするような卑劣な男がいるからね」
「うん、注意しながら相手がどんな人か見ていくつもり」
優子さんに言われた通りに、慎重に相手が大丈夫な人かどうか伺っていく事にしました。
男性側も信用してくれるまでは待つ時間もあるからと言ってくれましたから、毎日のようにやりとりをするようになってきました。
ただのメール交換なのにもかかわらず、不思議と高揚感を感じている自分がいました。
メールをする男性って基本的にエッチな会話をしたがるものですけど、彼は一般的な会話がとても多かったのです。
愛人という関係を作るときでも、私の事を悦ばせて行こうという姿勢が見られるのも嬉しくて仕方がありませんでした。
この人だったらきっと大丈夫だという気持ちになって、LINE交換をすることになりました。
無料通話をすることで、より相手を具体的に調べ上げることが可能になります。

知らない男性と通話をすることもドキドキでしたが、それでもとても優しかったこともあって安心感を持つようになっていました。
面接で食事だけでもいいからと言われたので、待ち合わせすることになりました。
セックスはしない約束もしてくれましたから、ディナーをご馳走になりに出かけていきました。