学生の頃から付き合ってた彼氏と、23歳で結婚しました。
いまどき当たり前の、できちゃった婚で結婚生活をスタートさせることになったのでした。
夫は同い年だったこともあったから、決して稼ぎがいいわけでもありませんでした。
それに精神的な部分もまだまだ幼い感じがしていて、子供ができて一緒に生活をするようになると、次第に溝が生まれるようになってしまったのです。
私もパートに出ることがありましたけれど、それでも生活は決して楽ではありません。
さらに、子供が生まれたからは夫の態度も変わってしまって今までのように、ラブラブな雰囲気は全くなくなってしまいました。
子育ても家事も協力することなく、それで言い合いも多くなっていたのです。
お互いにストレスを溜める一方だったこともあって、話し合いの末離婚という流れになってきました。
正直かなり不安を持っていたのですが、しかしこのまま生活を続けていても喧嘩が絶えませんから別れるのが一番おも良い方法だという事は間違いがなかったのでした。
夫と別れてからは町のスナックで仕事を始めたのですが、夜の仕事だから時給もいいだろうと思っていたのですが、低価格でサービスするお店だったこともあって給料は考えていたほどもらうことができませんでした。
子供を預けながら仕事をする、家にいる時は子育てをしなければならないし、毎日が辛いものになってきてしまっていました。
余裕のある生活が送りたい、そんな気持ちばかりが湧き上がってきてしまいました。
スナックにやって来るお客さんも、パパになってあげてもいいよなんて言うんですが、どう見てもお金を持っているような雰囲気はありません。
冷やかし程度で言われているのはよく分るし、時たまドリンクを奢ってもらう程度で終わってしまうのです。
本当にお金を持っているパパは欲しい、助けて欲しい、そんな気持ちばかりを強めてしまっていました。
そんな私の唯一の楽しみとなっていたのが、シンママSNSで同じ境遇の女性たちと交流を持つことでした。

中でもとても仲良くしてくれた1個年上の女性とは、いろいろな話をすることができていたのです。